前の日記 次の日記 最新の日記
2014年1月25日(土) 主催 : 県病薬

平成25年度第4回感染症薬物療法研修会/第3回 がん治療についての勉強会


-------------------------------------------------------------------------------
          平成25年度第4回感染症薬物療法研修会
-------------------------------------------------------------------------------

謹啓
先生方におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。このたび、「静岡県病院薬剤師会
・平成25年度第4回感染症薬物療法研修会」を開催することとなりました。
2012年に抗菌薬TDMのガイドラインが公表され、これまでに各種薬剤のTDMに関する勉強会を行ってきました。
今回はその振り返りをしつつ、抗菌薬のTDMに関する現状と今後を考えるシンポジウム形式の勉強会を計画させていただきました。
ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席賜りますようお願い申し上げます。
                                               謹白

                記
日時:2014年1月25日(土) 15:00〜17:30
場所:男女共同参画センター あざれあ 5F 第3会議室
    〒422-8063 静岡市駿河区馬渕1丁目17-1
会費:(会員)500円
  (非会員)3000円(当日受付にて入会すると500円になります)
申込:事前の申し込みは不要です。当日会場にお越しください。

【プログラム】
  総合司会:静岡県立こころの医療センター 薬剤室 田代 佳生先生
1.15:00〜15:15 「ラピアクタ点滴静注液について」塩野義製薬株式会社
2.15:15〜17:15
  シンポジウム:「抗菌薬TDMガイドラインのPROS&CONS 
             ―TDMガイドラインができてもコントラバーシーは続く―」
  司会:聖隷浜松病院 薬剤部 本田 勝亮先生、静岡がんセンター 薬剤部 望月 敬浩先生
  シンポジスト(発表順)
    テーマ:
    ・抗菌薬TDMガイドラインの要点
                市立島田市民病院 薬剤部 花井 理恵子先生
    ・PROS的な立場で:抗菌薬TDMガイドラインの有効的な活用方法
                静岡赤十字病院 薬剤部 矢野 佳孝先生
    ・CONS的な立場で:抗菌薬TDMガイドラインの限界と課題
                大阪市立大学医学部附属病院 薬剤部 中村 安孝先生
    ・症例から学ぶ抗菌薬TDMガイドラインの活用事例
                静岡がんセンター 薬剤部 望月 敬浩先生
    ・総合討論


3.17:15〜17:30 受講成果の確認・解説

※本会は、日本病院薬剤師会の感染制御専門薬剤師・認定薬剤師、
  日本薬剤師研修センター、静岡県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。

※会の最後に、受講成果の確認(簡単な確認テスト)を行います。

共催:静岡県病院薬剤師会、塩野義製薬株式会社


-------------------------------------------------------------------------------
        平成25年度 第3回 がん治療についての勉強会
-------------------------------------------------------------------------------
謹啓
先生方におかれましては、ますますご清祥の段お慶び申し上げます。
さて、この度「平成25年度 第3回がん治療についての勉強会」を下記の要領にて開催する運びとなりました。
ご多用中とは存じますが、何卒ご出席頂きますようお願い申し上げます。                                               敬白

                 記

日 時:平成26年1月25日(土) 14:00−17:25
場 所:東レ総合研修センター (住所:静岡県三島市末広町21番9号)
    http://www.toray.co.jp/aboutus/location/loc_401.html
参加費:会員  500円 (当日受付にて徴収させていただきます)
非会員 3,000円 【当日受付にて、入会(年会費支払)すると500円になります】
年会費 (正会員・特別会員 12,000円、準会員 5,000円)

<製品紹介>  14:00−14:15     帝人ファーマ 学術推進部
「 高尿酸血症治療剤 フェブリク錠 」

【一般講演】  14:15−15:15    座長:焼津市立総合病院 薬剤科 小野田 千晴 先生
    「臨床試験論文を読む必要性について」
                    静岡県立大学 薬学部  辻 大樹 先生 

【特別講演】  15:25−16:55    座長:聖隷浜松病院 薬剤部 薬剤部長 塩川 満 先生 
    「エビデンスを正しく理解して,より質の高い薬物療法を提供しよう」
                    爽秋会クリニカルサイエンス研究所 代表
瀬戸山 修 先生
 
16:55−17:25   総合討論/受講の成果(確認テスト)

★本会は日本病院薬剤師会のがん専門薬剤師・認定薬剤師、日本薬剤師研修センター、
静岡県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。

★緩和医療薬学会の単位(2単位)の申請を行っていますので、希望される方は受付にて
お申しつけください。

共 催 静岡県病院薬剤師会 帝人ファーマ(株)

問い合わせ先:中條 倫成(静岡県立総合病院) 電話番号 054‐247-6111(代表)